トップへ戻る

襟足ニキビ 原因

MENU
ニキビケア商品

このエントリーをはてなブックマークに追加   

襟足ニキビの原因 シャンプーや枕など私生活習慣にあるかも

・襟足のニキビにも悩む人がいるようですが…

 

 

襟足(えりあし)は後ろ側の首筋の髪の生え際のことで、
うなじのことを指す場合が多いです。

 

その場所は地味にニキビが出来やすい箇所として知られ、
大人になってから悩む人が多いようです。

 

ニキビといったら頭部の正面、つまりは顔に出来るのが大多数で、
それは大人になっても基本的には同じです。

 

でも大人になると思春期よりも多くの不健康要因と直面するので
そのひとつとして襟足ニキビがあるのかもしれません。

 

原因としては色々あげられていますが、
それらを統合すると不潔と刺激という傾向が見られます。

 

ニキビの原因としては当たり前ですが、
顔とは多少異なる要因があるようです。

 

でもその要因は文明社会に生きる人にとって
ほとんど誰でも関係してくることは明白ですが
なぜ襟足という少々マニアックでメジャーではない箇所に
ニキビができる人と出来ない人がいるのか。

 

そういうことも考えないといけません。

 

 

・襟足ニキビの原因とされることいろいろ

 

 

では襟足にニキビができる原因とされることを
いろいろ見ていきましょう。

 

まず首のうしろにニキビができる人というのは
一般的には主に思春期を過ぎた大人となっており、
性別はあまり関係がないようです。

 

そうだとすると文明社会に生きる大人というのは
みな肌に悪い要因に晒されていると捉えることができます。

 

よく言われる原因としてはシャンプーがあります。

 

襟足というかうなじというか首の後ろというのは
シャワーの水が(頭部のうち)最後に流れる場所だから
つい洗い残しが多くなる傾向にあるといわれています。

 

確かに天頂部よりも水が当たる量は少ないかもしれません。

 

シャンプーの洗い残しによるカスは
常在菌の餌になるといわれているので
その可能性はたしかにあると思われます。

 

シャンプーは常日頃やる人が多いですし、
適当に洗い流す人も多いと聞きますので。

 

また、髪といえば整髪料や白髪染めなどを使う人が増えます。

 

それらもまた菌の栄養になることに加え
化学物質による肌荒れの一因となりうるもの。

 

そしてこれこそ大人特有の原因と言えるかもしれませんが
服装によるもの、Yシャツやネクタイです。

 

きっちり第1ボタンまで閉めると首にほとんど
フィットしたような感じになりますが、
それは摩擦が多くなるうえ蒸れの原因にもなります。

 

学生でもブレザーを着ている人が多いですが、
社会人と比べると着用している時間が違うと思います。

 

あと最近は女性の社会進出も増えているので
窮屈な格好を強いられることも一因になってるかもしれません。

 

そして盲点っぽい原因が枕カバーです。
ほぼ毎日お世話になるものですが
それゆえ汚れが蓄積しやすいものでもあります。

 

寝てる間は寝返りを何度も繰り返すので
素材によっては大きな刺激になるかもしれません。

 

 

大体原因を探るとこのような情報が出てきますが、
ここで考えるべきはもっと根本的なことのような気がします。

 

そのひとつとして生活習慣ですね。
それは食生活やスキンケアはもちろん運動や睡眠、
ストレスに弱くなってる精神状態、仕事内容も含みます。

 

首の後ろは新陳代謝が活発でないうえ乾燥しやすいことから
ちょっとした体調の変化や刺激でニキビが出来やすいのです。

 

ですから先ほど述べた要因も無関係ではないと思われますが
もっと大事なのは生活習慣全体を考慮することではないでしょうか。

 

ハイネックやストール、マフラーなどで隠せても
それはその場しのぎでしかなく、
使い方によっては蒸れを助長することに繋がります。

 

髪を伸ばすこともそうですが、
その場しのぎ主義に陥らないよう
全体を改める癖を身につけることが重要です。

 

 

・清潔病になっていませんか?

 

 

首筋は乾燥しやすいということは
頭部や顔などより皮脂の分泌が少ないということ。

 

そんな場所にニキビができるということを
ちゃんと異常だと考えれるかが大事であり、
根本を探る発想が肝となるでしょう。

 

間違った常識が流布する世の中ですから
まだまだ清潔病チックな情報が多い傾向にあります。

 

しっかりすすぐとか消毒をするとか
そういう安易なことばかりに囚われないようにしましょう。

 

ニキビの原因は案外シンプルなことだったりします。

このエントリーをはてなブックマークに追加