トップへ戻る

あご ニキビ しこり

ニキビケア商品

このエントリーをはてなブックマークに追加   

あごのニキビは治りにくい!しこりにならない為に早期の対策を!

ツタちゃんです!あごニキビは
顔よりもしつこいです(悲)

 

私はあごから首にかけて
ニキビがしこりになったので
かなり苦労しました。

 

このページではあごニキビが
今以上に悪化しない話から
はじめていきたいと思います。

 

後半は、しこりになってしまい
ずっと悩んでいる方に向けての
内容になりますので宜しくお願いします。

 

あごニキビしこり メルライン

 

成人になってもニキビが治らない場合、
今までは、Tゾーンや頬に集中していたニキビが

 

急に、あごやフェイスラインを中心に移動して
出来てしまうことが多々あります

 

不思議なもので、ニキビは年齢を重ねると
「出来る場所」が変わってくるんですね!

 

あご下をはじめ、首回りに出来るニキビは、
軽症の白ニキビではなく

 

赤みを帯びた炎症ニキビ、
これ以上になると重度の化膿ニキビです

 

熱を感じたり、腫れたり、しこりになって
常時、痛みを感じたりします。

 

この状態で、普段から市販品で売られている
安い洗顔フォームや女性なら、拭き取りシート
(クレンジング)を使っては絶対にダメです。

 

早く治したいとからといって、
洗顔などをこまめにしていても
まず治りません

 

洗顔後のすすぎの時は、
あごまわりは最後にすすぐと
石鹸が残りませんので

 

このあたりの洗顔方法については
いつも意識をもって取り組んでいきましょう!

 

そして洗顔後、直ぐに保湿をするのが
ポイントです。洗顔後は肌が敏感なので・・

 

あご周りのニキビケアは専用の
メルラインはオススメです!

 

保湿と美容成分に特化している!

 

あごのにきびが炎症して化膿するとしこりになる可能性が
高く典型的な大人ニキビになります!通常のスキンケア等では
化膿したニキビを抑制したりしこりを小さくするのは
厳しいのですがビタミンC美容液だったら
大きな効果を期待できます

 

ただビタミンCといっても100%配合されている商品は
ほとんどありません、化粧水などにビタミンC配合と
書かれていてもほんの数%ぐらいのものなのです

 

写真を見てもらうと分かりますがビタミンCを
塗り続けたしこりが小さくなっているのが
分かりますでしょうか?

 

化膿した赤ニキビ・しこりを治せるのはビタミンC誘導体だけ
普通のビタミンC成分上、肌の奥に浸透しません
化膿したニキビやしこりは肌奥の層「真皮」が痛んでいます

 

普通は肌の表面である表皮の部分が痛みますので
表皮は自己修復力がある為、ニキビもなりますが
真皮の部分は自己修復力がありません

 

だから普通のスキンケアでは治らないのです
100%ビタミンC配合の美容液なら化膿したニキビも
しこりにも肌の奥まで浸透しますので修復できます

 

あごのニキビやしこりは典型的な大人ニキビです!
化膿したり炎症を起こすので赤くはれ上がり

 

市販品の塗り薬やネットで売られているスキンケアでも
なかなか治せません。炎症したニキビは赤ニキビなので

 

外部の刺激にも敏感でまた頬ニキビなどと違って
あごや口周りや首などに出来るニキビは非常にやっかいで
何度も繰り返して出来るのが大きな特徴になります!

 

化膿したニキビはケアを間違えるとケロイドや
固いしこりになってしまうので皮膚科でも
中々治せないほど重度の状態になってしまいます!

 

つまり重度のニキビに必要なのはビタミンC美容液です!
それも普通のではなく本物のビタミンC誘導体が必要になります!

 

肌を痛めない石けんと化粧水で保湿を安定させて
ターンオーバーを固定させる必要があります!

 

ビタミンCは赤みもひきますし、ニキビ跡などに対しても
大きな効果があることで有名です

 

首まわりに赤ニキビが出来始める場合は相当重傷な状態
普通のスキンケアではまず治せません、

 

間違った洗顔などを行えば炎症して
化膿を起こして最後には赤みもひかずに

 

首の場合は顔の皮膚と違ってニキビがモロに滞在しやすく
赤いまま「しこり」になりやすくなります

 

赤ニキビは成人に多くストレス・睡眠・食事バランスなども
絡んでいて非常にやっかいです、内部ケアも大切ですが
外部のケアは間違いなく普通のスキンケアでは
赤みを消したりすることはできません

 

肌の奥にある真皮という層が痛んでいますので
石けん・保湿だけじゃなくビタミンCの力で肌を
修復してあげるしかないのです

 

 

ビーグレンの購入をご検討されている方・・
他社と大きく違う部分は美容液にあります

 

白ニキビや軽症の肌荒れニキビならば普通の
スキンケアでも充分にケアできると思いますが

 

化膿した赤ニキビ、クレーター肌、ニキビ跡
肌荒れの赤み、しこりなど重度の場合は・・
普通のニキビスキンケアでは治せません

 

皮膚科でも治せないのが現状です!
そこで大きな効果を発揮してくれるのが
特許技術で作られた高濃度ビタミンC美容液です

 

痛んだお肌を修復できるのはビタミンC美容液だけです

 

ニキビが治らない根本の原因には使っている
石けんや洗顔方法も大きく関係してきますが
赤く化膿して跡になってしまった状態の場合・・

 

石けんや洗顔方法だけでは肌を元に戻す事はできません

 

化膿したりニキビが跡になった状態というのは肌の奥にある
真皮という部分まで痛んでしまっている状態だからこそ
何を使っても治せないのです

 

この真皮の部分にまで美容成分を浸透できるのは
高濃度のビタミンCだけなんです、ビーグレンは特許技術で
濃度が高いビタミンC美容液を作っています。

 

あごにきびや出来るのは典型的な大人ニキビになります!
この根本を作りだしているのは雑な洗顔と使用している
市販の洗顔フォームとクレンジング剤になります

 

市販品は汚れを落とすのは得意です
しかし、保湿成分まで一緒に洗い流してしまいます

 

多くの方がここに気づかず毎日何回も洗顔したり
ゴシゴシと手でこする感じで洗顔をしてしまうので
あごにきびが炎症を繰り返し化膿をしはじめるのです

 

最悪の場合はしこり(ケロイド)になって一生かかっても
治らないケースだって沢山あります!

 

あごにきび等がなぜ化膿したりするのか?
それはうるおい成分まで市販品で洗い流すと
うるおいがあった肌が乾燥肌になっていきます

 

乾燥肌になると角質層が厚く硬くなるので
毛穴の入り口がせまくなっていくんですね・・

 

そうなると毛穴の汚れも取れなくなりますし
皮脂も詰まっていきます、詰まっていくと・・
アクネ菌が過剰に増えていくので

 

皮脂を栄養分にしてニキビが炎症をしはじめて
赤くなって化膿をしていくのです

 

しこりになる時もありますし、ニキビ跡になる時もあります
そのぐらいニキビが治らない根本の原因は市販品が
招いているケースがほとんどなのです

 

実際に体験したので私の経験を参考にして聞いてください
ニキビが化膿を繰り返してしこり(ケロイド)になってしまった場合
目立つのでどうしても切除したいと悩む気持ちも分かります

 

ただ、レーザーで切除してもらっても跡は確実に残ります
保険もききませんし、私の場合はしこりを切除した後
平らにはなりましたが、今度は切除した場所がふくらみ
ますます大きなケロイドになってしまいました

 

ステロイドテープやジェルなどを使い皮膚科でずっとケアしましたが
症状は大きくかわりませんでした、レーザー治療に踏み切った
自分が恨めしくもありました

 

レーザーで切除はできます、ただし跡は確実に残ります
なので、現在検討をしている方はやめておいてください!
レーザーよりも化膿してしこりになった場合は・・・

 

ビタミンC誘導体を塗り続けていけば症状は緩和できますし
うまくいけば完治する事だって出来ます!

 

炎症ニキビなどを抑制する事もできますので
ビタミンC誘導体美容液はお勧めです

 

赤みがあり、炎症がひどいニキビは化膿を繰り返して
何度も出来るケースが非常に高いです!
ほっておくとしこり(ケロイド)にもなりやすく
重度ニキビの状態になります

 

巷では色んなニキビスキンケアが発売されていますが
赤く炎症した化膿ニキビをしっかり治せるスキンケアは
中々ないのが現状です

 

スキンケアが駄目っていう訳ではなくて重度ニキビを
しっかりケアできるスキンケアはほとんどないってことです

 

なぜなら、化膿した重度ニキビなどには絶対に
ビタミンCで症状を和らげるしか方法がないからです

 

化膿したりするのは肌奥の真皮まで傷んでいるからです
通常のスキンケアではこの真皮の部分にまで
有効成分が浸透しません

 

ビタミンCが肌に良い事は誰でもご存じだと思います
ただ、肌奥に浸透するのかは別の話です

 

真皮にまで浸透するビタミンCはただ1つだけです
特許技術でしか作れないスキンケアなら
あごにきびがどれだけ化膿しても症状を緩和させます。

 

あごニキビメルライン

 

首ニキビの所でも記事にした通り、
女性って生理前は黄体ホルモンが
かなり乱れてしまうので、

 

こういう場合は胃腸を冷やさない為にも
冷たい水分の摂取を控えます。

 

皮膚科に通っている方でしたら、
抗生物質も生理の時は控えた方が
結果は吉です(経験済み)

 

抗生物質に頼るのではなく
たんぱく質が中心の食事に
力を入れた方がいいですね!

 

また、普段使用している化粧品類も
一時止めて、クレンジングなども控えましょう

 

クレンジングがないと化粧が落とせないと
悩むことはありません。

 

クレンジングの代わりに無添加石鹸で
2度洗い(W洗顔)をして、自分の肌質にあった
洗顔石けんを使いましょう。

 

もしも今が軽症の状態なら、
市販品のクレンジングではなく

 

無添加石鹸に切り替えて
手でゴシゴシと洗うのではなく、

 

泡立てネットなどを活用して
弾力のある石鹸で朝と夜の2回
洗顔をしましょう!

 

洗顔後の保湿、寝る前に
もう1度保湿ケアはしてください!

 

また経験上分かるのですが、
早く治したいがために、

 

あごニキビを自分で潰して
膿(芯)を出す行為は、
素人の私達やる事ではありません

 

絶対やっちゃダメです

 

ネットには、こうやれば膿が出せるし
肌を痛めないなどの記事もありますが

 

仮にそれで悪化して、いたる所にある
ニキビがしこりになったらどうしますか?

 

今あごニキビの症状が酷い方は潰すより
ニキビの炎症を抑える事が最優先です

 

今まではあごにきび専用の商品が
売られていませんでしたが、

 

メルラインが登場してからはあご周りの
炎症したニキビを抑えやすくなっています。

 

あごニキビメルライン

 

⇒メルライン1つで化粧水、乳液、美容液の役割を補います

 

〜あごニキビやしこりの経験予備禄〜

 

メルライン

 

⇒メルライン1つで化粧水、乳液、美容液の役割を補います

 

内的ケアの1つに炎症や化膿を繰り返してしまうのには、胃腸をはじめ、内臓の働き自体が
著しく弱くなると新陳代謝の低下や便秘気味になりやすいので、老廃物が溜まった負担が
肌に影響を及ぼすので、肌荒れや吹き出物が荒れが、いつまでも治らなくなってしまいます。

 

この結果がニキビも繰り返してしまう根本の原因にもなりますので見直しが必要だと思います

 

メルライン

 

あごにきびを作らない為には
胃腸を冷やさないことをはじめ、

 

乳酸菌系、緑黄色野菜などの摂取を
私生活を通じて習慣化していく努力が
必要です。

 

炭水化物ばかりが偏らない様に
バランスの良い食事を、日頃から
心がけて取り組んでいきましょう!

 

血液の流れを改善する為には、
水素サプリ、たんぱく質分解酵素サプリ

 

食事の際、消化酵素を使いすぎずに
代謝をよくする為には総合消化酵素サプリ

 

このあたりも検討する余地がありますね!

 

ただ成人になると、どうしても
ぬぐえないのがストレスです。

 

自分が気づかないストレスも多々あり、
ストレスが溜まると、女性ホルモンよりも、
男性ホルモンの方が活発化してしまうので

 

ホルモンバランスが乱れて
肌に大きく影響を及ぼしてしまうのです・・・

 

ホルモンバランスや血圧の安定なども、
顔に出来るニキビよりもあごニキビの様な
重度な症状の場合は凄く重要です。

 

漢方を検討されている方は
ツムラなどがオススメですが

 

しっかりと効果を出したい方は
白井田七という漢方サプリが
オススメですよ!

 

もちろん、ここは個人差があるので、
これをすれば100%間違いない
という対処法はないので

 

自分の私生活を見直しながら、
ストレス解消法を見つけましょう!

 

運動、安定した睡眠、カラオケなど、
自分なりのストレス解消方法でOKです。

 

メルラインやビーグレンなどを使いながら
続けていくと、ちゃんと効果も出てきますよ!

 

あごのにきびは炎症して化膿を起こしている場合がほとんどです、この様な状態の場合は
普通のニキビスキンケアよりも、専用の商品で細かいお手入れをしてあげることが大切です
私はあごニキビでだいぶん苦しみました。苦しんだ理由としては何度も繰り返すのです

 

どうしたらよくなるのか、ずっとインターネット検索をする日々が続きました!
だからこそ、あなたが悩んでいる気持ちもすごく分かります。

 

私が取り組んだケアは、あごニキビ専用のメルラインというオールインワンのジェルを
朝と夜に、あごや首まわりに塗って、回復を早める為に、就寝前にビーグレンの
ビタミンC美容液を使ったことでした!この2つを利用したことで治りはじめました

 

私はあごの赤みやしこりが酷かったのですが、毎日塗っていたらしこりがやわらかくなって
少しずつ小さくなっていきましたので、私自身は効果を実感している所です。 

 

顎ニキビからの赤みやしこりにずっと悩んでいる方へ
私の様に専用のジェルとビタミンC美容液のダブルケアがいいかもです

 

典型的な大人ニキビの中に「あご周りやフェイスライン」の炎症ニキビが挙げられます・・
年齢を重ねると今までTゾーンや、頬に出来ていた白ニキビが赤ニキビになったりして
ニキビも段々と下に降りてきて、あごを中心にフェイスラインの部分に繰り返し出来ていきます。

 

炎症するとTゾーンや頬と比べて非常に治りにくく、その後の化膿した状態で治らないと、
私の様に、ニキビが固くなってしこりみたいになってしまう可能性がかなり高いです!

 

この状態になると、簡単には治せませんので(ステロイドなどを使っても意味がない)
表面のケアではなく、経験上、肌奥の真皮からケアをしていく必要がります

 

しこりをレーザー治療で切除する方法もあります
実際、自分も首まわりにしこりが複数出来ていたので

 

皮膚科でレーザー治療をして切除したのですが切除した
平らな皮膚の部分が今度は盛り上がってしまいました

 

結果として「やけどしたケロイド」みたいな感じになり
赤みも残ってしまったのでレーザー治療を選んだことを
めちゃくちゃ後悔しました。メルラインが早くあれば・・

 

あごにしこりが出来るのは重症なので自然治癒や
普通のニキビケアで回復させるのはかなり厳しいです

 

また外部だけではなく、内部からも生活習慣を変えたり
食事などの偏りもなくしていく必要があります

 

適度な運動をして老廃物を出しやすい体作りも
視野に入れてニキビケアは取り組んだ方がいいです

 

そんな中でしこりになったニキビを少しずつでも治す為に
一般のニキビスキンケアを使い続けても重度のニキビは
ビタミンCの成分も取り入れないと症状を和らげることは
出来ないと自分の経験を通じて思っていることです

 

私の様に肌の奥からしこりニキビで、
ずっと悩んでいらっしゃるのなら
メルラインを基本ケアにしながら、

 

2か月経過しても治りが遅い様であれば、
ビーグレンの高濃度ビタミンCも併用です

 

赤く炎症したあごニキビにビーグレン
あごニキビはしつこく繰り返す|肌を傷めない為に石鹸もたいせつ

 

大人ニキビは内部ストレスや年齢により肌質が変わる為
ニキビが出来る場所も下に降りて変わっていきます

 

あごやフェイスラインの部分は典型的な大人ニキビで
一般の市販品で毎日丁寧に洗顔しても治りません

 

肌を傷めないクレイ石鹸であごの炎症を抑えながら洗顔!

 

大人ニキビを炎症させてない為にもビーグレンは
大人の肌と相性が良く炎症を抑えていきながら
肌を痛めずニキビが出来ない肌へ変わっていきます

 

炎症して出来た「しこりニキビ」も使い続ければ小さくなります
ニキビが炎症を何度も繰り返してしまうと赤みが出るだけじゃなく
赤いまま「しこり」になる可能性が非常に高いです(あご・くび)

 

しこりはケロイドと変わらないので固いまま目立ってしまいます
ビーグレンのビタミンCは特許技術です!あごニキビに大きな効果

 

アゴやフェイスラインに出来てしまう
大人ニキビは炎症ニキビになりやすいです
頬などと肌質が若干違うのでニキビが滞在しやすく
炎症を起こしやすい状態なんです

 

さわったり、手で触り膿を出す行為などは
絶対してはいけません(余計に悪化します)
治っても大人ニキビは同じ場所から繰り返し起こります!

 

通常のスキンケアでは中々改善できないのが現状ですが
ビーグレンのスキンケアなら赤みがあるニキビなども
お肌を痛めずニキビ跡などにも効果があります
20歳からお肌の曲がり角と言われるぐらい
肌はバリア機能が低下してセラミドの量なども
少なくなっていきます!

 

年齢と共に老化していく肌を漢方の力で肌の回復力を
カバーする事でニキビが出来ない肌に変わり始めていきます

 

顎や首のニキビは典型的な大人ニキビになります!
赤く炎症して腫れ上がり、同じ場所に繰り返す傾向もあります
こうなると一般に発売されているニキビスキンケアなどでは
ほとんど効果がありません

 

市販の塗り薬や、ニキビスキンケアは軽症の状態なら
治す事ができますが、重度の状態になってしまっている
顎や首ニキビにはなかなか効かないのです

 

何度も繰り返しているのなら、ケロイド(しこり)になる
可能性も非常に高いのでそうなる前に化膿したニキビを
ビタミンC美容液でケアをして赤み(炎症)から
しっかりと抑えていく必要があります

 

また既に化膿ニキビがケロイドになってしまって
塗り薬などを探されている方はビタミンC美容液を
毎日、継続的に塗りながら硬くなったしこりを
少しずつ根本から和らげていく必要があります

 

ケロイド専用にケロコートなどが売られていますが
あれは全く効きませんし、ステロイドテープなども同じです
ニキビの芯からケアをしていかないと効果がないのです

このエントリーをはてなブックマークに追加   

ツタちゃんからあなたへ

自分の肌質に合わせてね

おすすめはビーグレン

どんな状態ですか?

ニキビが出来る場所

年齢でニキビ対策も変わる

自分の肌質を知ろうね

処方される薬

日頃からニキビと格闘中