トップへ戻る

インナードライ肌 二キビ 保湿

MENU

このエントリーをはてなブックマークに追加   

インナードライ肌の二キビ対策|さっぱりより保湿を安定させること

二キビが治らない肌質にインナードライ肌があります
これも厄介な肌質の1つです

 

顔の表面は乾燥していないのに、肌奥は乾燥している
この状態がインナードライです、隠れジミの原因でもあります
インナードライは混合肌にも似ていますね

 

毛穴の開きが目立ち、脂浮きが多い肌質です
見た目も良くないのがきついですね

 

もう少し詳しくお話すると、普通の肌よりも脂分が多く
潤い水分が普通の肌よりも少ない状態を差します
角質が破壊されている可能性が高いんですね・・

 

表面の油分が多いからといってさっぱりタイプの
市販品を使うのはよくないです、必要なのは
とにかく肌奥の保湿を取り戻す事ですからね!

 

今はアミノ酸系や、界面活性剤不使用の洗顔フォームや
クレジング剤も増えてきたので、インナードライからの
二キビで悩む方も少なくなってきたみたいですが

 

インナードライ肌は、健康な肌でもなりやすいんです
洗浄力が強い洗顔用品はあまり使わないことです

 

インナードライ肌は、角質が破壊されてその隙間から
水分が蒸発していますので、肌質を変える為にも
ターンオーバーなどを正常に戻す必要があります

 

年齢が30以上からになると、代謝も、セラミド、コラーゲン
ホルモンバランスなどの低下も絡んできますので
外部ケア以外のメンテナンスも必要になります

 

二キビを治すではなく、二キビが出来ない肌を作る事です

 

男性の方は洗顔時、女性の方はクレンジングの時
過剰な洗い方をしない事です、泡で洗いましょう
毛穴の汚れは泡を置くだけでも取れます

 

洗顔後の肌は非常に敏感になっているので
セラミドなど配合の化粧水を軽く乾かしたら
直ぐに自分の手で優しく浸透させていきましょう

 

油分が多いクリームや乳液などもしばらく避けてください
石鹸は基本的に無添加石鹸、化粧水は肌の状態に合わせる
症状が酷い場合は、ビタミンC美容液を取り入れて真皮から
肌を元気にしていく対策などが必要となります!

このエントリーをはてなブックマークに追加   

インナードライ肌の二キビ対策|さっぱりより保湿を安定させること関連ページ

乾燥肌
敏感肌
混合肌
脂性肌