トップへ戻る

混合肌 ニキビ 化粧品

MENU

このエントリーをはてなブックマークに追加   

混合肌ニキビで日頃から悩む|化粧品類を見直す前に・・

混合肌と言われる割合で多いのが脂性と乾燥が混ざった肌質です
混合肌を理解せずに化粧品(スキンケアも含め)使っていると
いつまでも肌質も変わらずニキビも治っていきません

 

季節により朝と夜で肌質も変わりやすくニキビなどが発生すると
肌質を変わり治るまでが、結構やっかいなんですね!

 

例えばアゴ周りのTゾーンが脂っぽくて、Tゾーンや頬は乾燥するなど
顔の部位によって違うんです、脂症のつもりがこういう症状が出て

 

あれ?実は混合肌だったんだ・・と気づく方も多いです
女性は逆の場合が多いというケースもあります

 

自分の顔の部位でどこが皮脂分泌が多いのか、少ないのか?
こういう部分を理解しながらケアをしていく必要があります

 

ニキビが発生している場合の洗顔は、泡を立てて洗う事は
当たり前なのですが、まずはべたついている部分から泡を置いて
クルクルと優しく洗う様にしてください!

 

角質層を傷めない程度に行いましょう、コットンに化粧水を
染み込ませてパタパタするだけでも肌は痛むものですから・・

 

乾燥しがちな部位は、既に角質が厚くなって水分が足りていない状態なので
クルクルと洗う必要もなく泡を置いておくだけで毛穴の汚れは取れます
その日、その日の肌の状態に合わせて洗顔は行ってください

 

また、基本的にニキビが出来ている状態でのケアは
熱いお湯で予洗、予後(すすぎ)やらないことです
ぬるま湯がベストです

 

まずは肌質を変えていく事が、とても重要なので重症のニキビの場合は
化粧水で保湿をした後はビタミンC美容液が必要となりますし

 

軽症の場合はセラミド化粧水などを使って潤いが保つ肌に
少しずつでも変えていく必要があります

このエントリーをはてなブックマークに追加   

混合肌ニキビで日頃から悩む|化粧品類を見直す前に・・関連ページ

乾燥肌
敏感肌
脂性肌
インナードライ肌