トップへ戻る

クレアラシル ニキビ跡

ニキビケア商品

このエントリーをはてなブックマークに追加   

クレアラシルでニキビ跡は治せる訳ないでしょ?

ツタちゃんです!クレアラシルでは
ニキビ跡は治せません。

 

それならどうすればいいのか?

 

ニキビ跡クレーターを自力で克服

 

ニキビ跡になってしまったから、
市販品のクレアラシルを塗っていけば、

 

少しずつ治っていくのではないかな?と
安易に考えているかもしれませんが、

 

クレアラシルは軽症ニキビ、
つまり思春期のニキビケア商品です。

 

昔は良くクレアラシルもCMを流していたので、
その時の世代の方はその記憶が残っている人も
それなりに多いかもしれません。

 

もうだいぶん定番の商品になったものなので、
その後は、ジェルや洗顔フォームも出ている感じです。

 

もちろん、軽症の場合でしたら
肌質にもよると思いますが良く効く人と、

 

あまり効かない人に、分かれると思いますが
それなりに効果は期待しても良いと思います。
(ちなみに私は全く効きませんでした)

 

なぜなら、このあたりって肌質を作り出すのは、
体内環境もありますので、一概には言えない部分なんですよね!

 

ただこのページを見られているのは、
ニキビ跡になってきたって方だと思いますので、

 

その場合だと、何度使っても
ほとんど効果がないと思っていいと思います。

 

これはクレアラシルが悪い訳ではありません。

 

ニキビ跡になっているという事は肌奥の真皮まで
痛んでいるので自己修復力がない訳です。

 

そんな肌に対して市販品の成分では
肌の奥に浸透する訳がないんですね。

 

だからこそ、市販品だけでどうにかしようという
甘い考えでは、ニキビ跡の場合はちょっと厳しいです(汗) 

 

鏡を見ると自分の肌が嫌になると思います。
日頃からストレスになって、対人関係でも
肌を見られたくないという

 

色んな思いがあると思いますから、
早く治したい気持ちは分かります。

 

ただ、だからこそストレスを無くす為にも
今以上に真面目に取り組むしかありません。

 

肌に優しい石鹸・化粧水・美容液は、
ニキビ跡の肌にはマストアイテムにはなるのですが、
これだけではニキビ跡は改善しにくいです。

 

やっぱり大事なのは身体の中からも治していく
つまり、老廃物を排出して代謝促進を心がける。

 

活性酸素を除去してあげること、
体内酵素を使いすぎないこと、

 

身体に必要なオメガ3脂肪酸などの摂取、
炭水化物ばかりを取り過ぎないこと、
腸を綺麗にすることなど

 

日頃から、こういうことを徹底していかないと、
あなたがずっと描いている理想の
「なりたい肌」にはなっていかないのが現状です。

 

だけど、私がやってきた事を愚直にやってもらえれば
今よりは跡が薄くなって、赤みも引いていくと思いますよ!
地道にやるしかありません。

 

あきらめずに頑張っていきましょうね!

 

では、もう少し深掘りしていこうと思います。

 

ここでいうクレアラシルは治療薬である
クリームタイプのことを指します。

 

ジェルタイプもありますがそれは化粧品でいうと
美容液のような位置づけなのでここでは除外しますね。

 

さて、クレアラシルクリームは
ニキビ治療薬として有名ですけれども
その流れでニキビ跡にも効きそうなイメージが
ついちゃってると思います。

 

さきほどは成分が浸透しないことを
問題視しましたがもう少し付け加える
必要がありました。

 

クレアラシルはそもそもニキビ跡ではなく
赤ニキビ向けの塗り薬です。

 

炎症を鎮めたり殺菌したり
ついでにワセリンなどの成分で
保湿するというものですね。

 

ある程度成分を浸透させるために
界面活性剤も入っています。

 

でも肌の奥まで浸透できるかどうかは怪しく、
もし浸透できたとしても肌の修復を
助ける能力まではないと思います。

 

そんなすごい効能があるのなら
とっくの昔にニキビ跡にも効く!
みたいに宣伝されてるはず。

 

繰り返しになりますが、
ニキビ跡はニキビの症状がある程度
落ち着いた状態です。

 

炎症は続きますがそれは傷ついた肌を
修復するために必要なことなので
できれば何もしないほうがいいんですね。

 

一般常識では傷ができたら水で洗って
薬を塗って消毒することになってますが
それは間違いってことはすでにわかってます。

 

ニキビ跡だって傷と同じですから
薬は本当はご法度なんです・・・

 

通常のニキビ肌以上に敏感な状態ですので
そのとき下手にちょっかいを出したら
悪化する可能性大です!

 

ニキビ跡のケアはジェルタイプでもなく
単なるワセリンを塗ってるだけのほうがいいです。

 

何かの商品だと余計な成分が入ってますし、
無駄に高くつくのであまりおすすめじゃないです。

 

ニキビ跡の赤みくらいはクレアラシルでもOK?

 

ここでニキビ跡についてちょっとおさらいします。

 

ニキビ跡は主に3種類あります。

 

赤みと色素沈着とクレーターです。

 

赤みが一番軽症なパターンで、
クレーターが一番重症、
色素沈着は中間って感じですね。

 

ニキビ跡で一番多いと思うのは赤みですね。

 

腫れは治まったけどじんわり赤い部分が
シミのように広がっているような感じで
どっちみち見た目が悪くなります・・・

 

赤ニキビも赤みも要は炎症が起きてるので
気になるなら一時的に鎮めたり、
隠すなりしたほうがいいこともあります。

 

一時的にってのがポイントです。

 

いつもやるようなことではないので
薬や化粧品に頼るようなことは
しないように心がけてください。

 

さもないとずーっとニキビ肌を
卒業できなくなります・・・

 

下手したら消えないシミができたり、
クレーターになることも・・・

 

薬も化粧品も対症療法なんだという
意識があるという前提でお話しますね。

 

とりあえずなんとか赤みを消したいのであれば、
クレアラシルでも効果的かもしれません。

 

一応有効成分にグリチルリチン酸二カリウムが
含まれていますし、他にもビタミンEなど
ニキビ予防になりうる成分もあるので。

 

あと赤みがある皮膚は薄くなってるので
炎症部分まで到達しやすいかもしれません。

 

てことで赤みくらいなら
クレアラシルでも症状を抑えることは
できそうな気もしなくもないです。

 

といっても、やっぱりおすすめはできません。

 

有効成分はいいとしても、
その他の成分が問題です。

 

安定剤、エモリエント剤、
界面活性剤、保存料、着色料などなど
まとめると添加物がてんこ盛りってやつです。

 

化粧品でも質が悪いものには
含まれてるものもありますが、
そういうのがかわいいと思えるほど
たっぷり入っちゃってます・・・

 

炎症を抑えるという視点で見れば
有効だと言えるかもしれませんが
その後となるとどうでしょうか。

 

界面活性剤だけで何種類も入ってるので
化学物質の曝露は相当なはず。

 

基本的に化学物質ってのは
体にとって異物ですので
それ自体が炎症を引き起こす可能性だって
十分あるんですね。

 

薬の副作用を調べると、
大抵皮膚炎という文字があるはずです。

 

そのリスクの高さは化粧品の比ではありません。

 

クレアラシルは市販品なので
処方せん薬よりはマシですが、
それでも医薬品であることに違いはないので
化粧品と比べてハイリスクハイリターンです。

 

あとクレアラシルクリームにはイオウも含まれてます。

 

皮脂を吸着したり角質を柔軟化する効果があるので
赤ニキビの時にはいいと思いますが
ニキビ跡のときはあまり意味がないどころか
逆効果になりえます。

 

ニキビ跡のときは別に皮脂が毛穴に
詰まってるわけじゃないので
余計に取りすぎると皮脂もかえって
増えてしまう恐れがあります。

 

おまけにイオウの働きと相性がいい
レゾルシンまで入ってるのでなおさらです。

 

いろいろ突っ込んできましたが、
なんだかんだいってクレアラシルは
赤みに対しては不適ってことになります。

 

調べてみて改めて思いますが
そもそも添加物が入り過ぎなので
ニキビ治療薬としてもどうかと思っちゃいます。

 

なんか知名度だけが独り歩きしてるような
気がするのは私だけでしょうか・・・

 

ちなみに白色と肌色の2タイプありますが
成分構成はどちらもほぼ同じです。

 

 

クレアラシルの洗顔料はニキビ跡に対してどう?

 

 

あと補足として、
クレアラシルの洗顔タイプについても
触れていこうと思います。

 

クレアラシルといったら
ふつうは治療薬のクリームタイプを
指すことが多いですが、
洗顔クリームとか泡洗顔タイプもあります。

 

これらもニキビ跡には当然不向きです。

 

ある意味では治療薬よりもヤバイかも・・・

 

クリーム洗顔と泡洗顔タイプ、
両方に共通することは
有効成分がサリチル酸であること。

 

サリチル酸はとっても有名な成分ですね!

 

角質の柔軟化と殺菌効果を有する
ニキビ対策では定番となってる成分です。

 

でも刺激が強いから使えない人が多く
評判はどちらかというと悪い方です。

 

ニキビ跡があるときは敏感肌ですので
ケアするにしても低刺激が基本中の基本です。

 

それと逆行するようなものです。

 

おまけにAHAも含まれているので
がっつりピーリング系ですね・・・

 

ターンオーバーを促すから良い、
という意見もあると思いますが
刺激感を優先すべきだと私は思う。

 

あと他の成分のことも忘れちゃダメ。

 

ヒアルロン酸とかミリスチン酸とか
良さげな成分も含まれてますが、
正体不明の香料とか界面活性剤っぽいものとかも
含まれてるので質はあまりよくないです。

 

特に泡洗顔タイプは一番ダメです。

 

一番添加物が多いですので。

 

ちなみにクリーム洗顔には
マイルドタイプもありますが
有効成分にグリチルリチン酸二カリウムが
追加されただけなので大差ないですね。

 

そもそも論ですが、
洗顔料は顔を洗うためのものですので
スキンケアはできないですよね・・・

 

肌に良さそうな成分が入ってるのは
少しでも刺激を緩和するためと
イメージ戦略かなと思います。

 

スキンケアの一貫ではあると思いますが
大事なのは集中ケアですし、

 

もっと大事なのは体の内側から
健康体へもっていく日頃の行いです。

 

ニキビもそうですがニキビ跡は
不潔でもなんでもないので、
洗顔料自体使うのはどうかなと
思う部分もあるんですよね。

 

とっても質がいいものは別ですけど、
それでも滲みるようであれば
何も使わないほうがいいです。

 

そんなこんなでクレアラシルに関して
いろいろ私なりに調べて感じたことを
お伝えしてきました。

 

少々口が悪い部分もありましたけど…(笑)

 

そういいたくなるくらい
注意が必要ってことで許して下さいね^^;

 

結論をまとめると、ニキビ跡に
クレアラシルは使うべきじゃないというか
意味がないのです。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

クレアラシルでニキビ跡は治す事ができるの?いや、無理です関連ページ

基底層の関係性
皮膚の事を知ろう
なぜ発生するのかな?
たくさん出来る場合
タバコ(喫煙)はダメ
睡眠不足はダメよ!
腸を整える大切さ
野菜ジュースはどう?
ストレスとの関係性
ホルモンバランスの乱れ
洗顔後は化粧水つける?
洗顔とクレンジング
ピル(マーベロン)
界面活性剤との関係性
毛穴の汚れはどうかな?
保湿は超大切だからね!
古い角質が問題なのよ
肌の奥に出来る場合
赤ら顔が治らない場合
赤みが出始めた場合
ステロイドは絶対ダメ
ケロイドの塗り薬?
ニキビ跡がクレーター肌へ
ニキビ痕の治し方はある?
色素沈着が改善しない
ケロコートとダーマコート
よか石鹸でケロイド治る?
大人ニキビは漢方必要?
マラセチア毛包炎とニキビ
ピーリングは自力で可能?
エステの施術で治る?
角質培養って何なの?
DHCサプリメント?
プロアクティブってどう?
化粧をする場合の対策
二キビ跡を消す為には?
眼鏡の鼻あては天敵だよ
加湿器って有効なの?
水素って効果があるの?
もち米ってダメなのかな?
メイクの取り組み方法
ニキビ跡からシミへ変化
ニベア青缶は効果ある?
お風呂上りのお手入れ
汗で顔がかゆい場合
泡立てネットは必須だよ
酵素ってどうなのよ?
恋人に今日は会いづらい
血行改善が重要なのよ
スチーマーの役割と効果
死にたいと思う事がある
肝臓を労わる事の重要性
マスクは使わない方がいい
生理前に顎に出来やすい
低体温の方は治りにくい
ファンデで隠す時の注意点
豆乳って効果的なの?
クリアネはどうなの?
背中のニキビ跡は治る?
セラミドって必要なの?
痛い時はどうしてる?
軟膏って効くのかな?
アデノイドでニキビなの
セロトニンの重要性
顔の脂が多いんだよね
白ニキビの洗顔と保湿
オロナインは効くのか?
首ニキビに絆創膏?
硬いニキビはしこり?
アットコスメで選ぶの?
亜麻仁油がもたらす効果
首ニキビにビーグレン
膿を自分で出す行為

ツタちゃんからあなたへ

自分の肌質に合わせてね

おすすめはビーグレン

どんな状態ですか?

ニキビが出来る場所

年齢でニキビ対策も変わる

自分の肌質を知ろうね

処方される薬

日頃からニキビと格闘中