トップへ戻る

20代 二キビ 原因

ニキビケア商品

このエントリーをはてなブックマークに追加   

20代二キビの原因|10代から症状が改善されないのなら・・

10代の頃からニキビが出来はじめたまま、20代になっても継続して
ニキビが出来続けている方は、炎症や化膿になってしまう可能性もあり
そのまま30代になっても、引きずってしまう傾向にあります

 

私は15年以上、引きずりましたので・・ 皮膚科でも無理でした
自分の肌に合わせた石鹸やスキンケアなどのお手入れは当たり前で
体質からしっかりと改善させていかないといけません

 

ホルモンバランス、食事の偏り、睡眠、ストレス、肝臓、胃、腸など
このあたりを解決していかないければ、20代ニキビは完治しません

 

石鹸やスキンケアなどの外部ケアが中心の方もいますが、それは当たり前なのです
商品を変えるのも大切ですが、治すという考え方ではなく、ニキビを作らせない肌にする事が
完治に向けての最優先していかないといけないことです

 

ニキビが軽症の場合であれば、体質改善と、二キビスキンケアだけで
ほぼ治せる可能性の方が高いと思ってもらっていいのですが

 

顔全体のニキビが赤く炎症したり、化膿をしはじめているのなら
今のケアで変化がなければ、二キビ跡になる可能性があります

 

インターネットにはたくさんの石鹸やスキンケアが販売されていますが
ニキビがヒドい状態だと、二キビスキンケアの中でも、必須となってくる
高濃度のビタミンCなどを取り入れないと赤みはなくなりません

 

女性の場合は化粧も頻繁にしないといけないので、肌のお手入れは
男性以上に、コマ目にしっかりと行う必要があります

 

10代の頃と違って、20代を過ぎてくるとお肌の曲がり角と言われていて
コラーゲンやセラミドが低下するので、保湿も少しずつ安定しなくなっていきます

 

また今まではTゾーン、頬に集中していたニキビがアゴ下や首周りなどが
中心に出来始めていきます、外部ケアだけに頼っていてもまず治りません
首ニキビは治りにくいので、体質改善も考えてくださいね!

 

こういう状態から抜け出せなくなると、皮膚科で抗生物質などを処方してもらい
早期に治そうとする方がいますが、免疫が出るだけですし一時的に改善しても
漢方とは違って、二キビが繰り返し出来てしまう場合もありますからね・・

 

外部ケアと同じように、内部ケアにも力を入れていかなければいけません
大半の方が外部ケアだけに頼りがちなのですが、20代でニキビが治らない時は
体質を改善する為に私生活の見直しが必要になります!

 

また既にニキビ跡になっていて悩んでいる方は、コチラの記事をご参考にしてください

このエントリーをはてなブックマークに追加   

20代二キビの原因|10代から症状が改善されないのなら・・関連ページ

10代ニキビの場合
30代ニキビの場合
40代ニキビの場合
50代ニキビの場合

ツタちゃんからあなたへ

自分の肌質に合わせてね

おすすめはビーグレン

どんな状態ですか?

ニキビが出来る場所

年齢でニキビ対策も変わる

自分の肌質を知ろうね

処方される薬

日頃からニキビと格闘中