トップへ戻る

ベピオゲル ニキビ跡

MENU
ニキビケア商品

このエントリーをはてなブックマークに追加   

新薬のべピオゲルですが、ニキビ跡にはどうなのか?

ベピオゲルはニキビ跡に効果があるの?

 

ベピオゲルって?
ベピオゲルは、2015年4月に保険適応になった、マルホ株式会社
が発売するニキビの新薬です。白いゲル状で、塗ると透明になり、
主な効果は、抗菌作用と角層剥離(かくそうはくり)作用。
ベピオゲルが登場する以前、ニキビ薬として最もよく用いられて
いた薬はディフェリンゲルでした。ディフェリンゲルは2008年に
日本で認可されたゲル状の塗り薬軟膏です。
ディフェリンゲルは、アダパレンという化合物が主成分となって
いて、皮膚の角化を抑制し、ニキビをできにくくしてくれる働き
がありました。新しく発売されたベピオゲルは、ディフェリンゲ
ルとどう違っているのでしょうか。

 

ディフェリンゲルとベピオゲルの違い
ベピオゲルは正式名称を「ベピオゲル2.5%」といいます。この名前
は、主成分である過酸化ベンゾイルが、1g中25r配合されている
ことに由来しています。過酸化ベンゾイルは、アメリカ版のプロ
アクティブにも使用されており、アメリカ版のプロアクティブを
わざわざ個人輸入で手に入れていた人も多かったようです。
簡潔に言うと、ベピオゲルには、ニキビの原因となる「アクネ菌」
や「ブドウ球菌」などに対する抗菌作用があり、また代謝を促し
て角層肥厚を改善する効果があります。そのため、幅広いタイプ
のニキビに効果を発揮します。この抗菌作用は、ディフェリンゲ
ルには配合されていないものです。そのため、ディフェリンゲル
を使用する際は、ダラシン、アクアチムなどの抗菌剤と一緒に使
うことが基本とされていました。しかし抗菌剤の使用には、これ
まで大きな問題がありました。それは抗菌剤の長期使用が耐性菌
を生み、効果を得られなくなってしまうリスクがあること。しか
しベピオゲルの抗菌作用は、1960年代からこれまで、一度も耐性

菌の確認の報告がなされていないということで、期待が高まって
います。耐性菌が生まれないということは、長期間の使用が可能
ということ。この点が、最大のメリットと言えます。

 

どんなニキビにも有効?ニキビ跡にも効くの?
ベピオゲルは、炎症性皮疹と非炎症性皮疹の両方に効果があると
されています。つまり炎症しているニキビと、そうでないニキビ、
両方に効果を発揮するということです。しかしニキビ跡になって
しまったニキビには、大きな改善効果は期待できません。ただし
ピーリング作用があり、肌の生まれ変わりを助けるので、完全な
無効果というわけではないでしょう。

 

ベピオゲルの入手方法
ベピオゲルは皮膚科で処方してもらえます。処方箋なしで薬局・
ドラッグストアで購入することはできません。

 

ベピオゲルの使用上の注意
・ベピオゲルは紫外線に当たるとシミになりやすいので、夜塗布
しましょう。
・厚く塗ったり、ニキビができていない部分に予防的に塗っても
意味がないので、やめましょう。
・漂白作用があるため、衣服などに付着しないように気を付けま
しょう。
・高温になると成分が不安定になりますので、25度以下で保存し
ましょう。

 

副作用はある?
国内の臨床試験では、被験者の約40%に何らかの副作用が生じた
とのこと。
主な副作用は、「皮膚の表皮が剥がれる」、「粉をふく」が最も
多く、次いで「刺激感」・「ヒリヒリ感」。また「乾燥」も報告
されています。肌が弱い人は使用の際、くれぐれも注意が必要で
す。先に肌を化粧水等で整えてから使用することで、副作用が改
善されることがあるようです。また有効成分である過酸化ベンゾ
イルに対し、アレルギーを持っており人が一定数いるとのこと。

 

保湿を忘れずに!
ベピオゲルは抗菌と角層剥離の薬品になりますので、肌全体を保
湿する用途では使えません。同時に保湿をしっかりしていくこと
が、大切です。

 

まとめ
新薬、ベピオゲルのご紹介、いかがでしたか?まだ新しく、口コ
ミなども少なめではありますが、その効能を考えると、今後のニ
キビ治療にきく貢献してくれるのではないでしょうか。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加