トップへ戻る

clarisnikibi

MENU

このエントリーをはてなブックマークに追加   

クラリスはニキビ肌にどんな効果があり、副作用があるのか?

クラリスは、マクロライド系の抗生物質のひとつです。

 

マクロライド系の抗生物質は、細菌のたんぱく質の合成を
阻害する働きを持っています。

 

ニキビの患部で脂肪が分解されるのを防ぐことにより炎症を抑える働きがあります。
ですので、症状が進行し赤ニキビや化膿ニキビへと悪化しそうな場合に
皮膚科で処方されることが多くなります。

 

ニキビのアクネ菌だけでなく、ブドウ球菌やレンサ球菌、ピロリ菌
肺炎球菌など広い範囲の細菌に効力を発揮します。

 

皮膚や呼吸器、泌尿生殖器、目、耳、鼻などの感染症に広く使用
クラリスは吸収がよく、効果が持続する時間が長いと言われているので
一般的に1日2回の服用を指示されることが多いようです。

 

内服薬のクラリスの副作用として、発疹、下痢や軟便、吐き気や胃痛などが挙げられます。
まれに重い副作用として、アナフィラキシー・ショックや、不整脈や大腸炎、肝障害
皮膚障害などが報告されています。

 

クラリス、マクロライド系の抗生物質で過去にアレルギー症状を起こしたことのある方や
妊娠もしくは授乳中の方、小児には使用できませんので注意が必要です

 

シサプリド、ピモジド、テルフェナジン、エルゴタミンやジヒドロエルゴタミンを
服用している方には使用が禁止されています。

 

腎機能障害をお持ちの方、高齢者の方は使用に注意が必要とされます。
クラリスと併用してはいけない薬剤や、栄養剤もありますよ。

 

○下記のお薬は、クラリスと併用すると薬剤の血中濃度が上昇します。

 

アルプラゾラム
アプレピタント
イトラコナゾール
エトラビリン
カベルゴリン
カルバマセピン
クエアチピン
コルヒチン
シクロスポリン
ジゴキシン
ジソピラミド
シルデナフィル
シロスタゾール
シロリムス
シンバスタチン
ゾピクロン

タクロリムス
タダラフィル
ディゴキシン
テオフィリン
トリアゾラム
トルテロジン
ドロペリドール
ニロチニブ
パゾパニブ
バルデナフィル
フェソテロジン
フェニトイン
ブロモクリプチン
ベラパミル
マラビロク
ミゾラスチン

メチルプレドニゾロン
リファブチン
レバグリニド
レボキセチン

 

○下記のお薬は、クラリスと併用すると薬剤の作用が強まります。

 

ワルファリン

 

○下記のお薬は、クラリスと併用すると心拍の乱れを誘発する可能性があるとされています。

 

アミオダロン
ジソピラミド
キニジン
クロロキン
キニーネ
メフロキン
ハロファントリン
クロルプロマジン
チオリダジン
フルフェナジン
ハロペリドール

 

○下記のお薬は、クラリスと併用するとその効果が低減させられる可能性があるとされています。

 

ビボティフ

このエントリーをはてなブックマークに追加