トップへ戻る

クラビット ニキビ

MENU
ニキビケア商品

このエントリーをはてなブックマークに追加   

クラビットがニキビにもたらす効果 化膿した状態などに良い

クラビットはニューキノロン系の抗生物質のひとつです。
ニューキノロン系の抗生物質は、細菌が増えていくときに
DNAの複製を阻害することで、細菌を死滅させる働きを持ちます。

 

それによって、ニキビのアクネ菌が繁殖するのを防ぐので
化膿しているニキビに効果的だと言われています

 

ニキビのアクネ菌だけではなく、ブドウ球菌やレンサ球菌
肺炎球菌、腸球菌などのさまざまな種類の病原菌に効力を発揮します。

 

皮膚や呼吸器、腸管、胆道、泌尿生殖器、目、耳、鼻などの
感染症に広く使用されています。

 

内服薬のクラビットの副作用として、かゆみや発疹、下痢や軟便
腹部の不快感、吐き気、頭痛、食欲不振、不眠などが報告されています。

 

まれに、重い副作用として、アキレス腱炎、うつ状態、横紋筋融解症
過敏性血管炎、間質性肺炎などが起こる可能性があります。

 

クラビット、またはオフロキサシンやキノロン系の抗菌剤で
過去にかゆみや発疹などのアレルギー症状を起こしたことのある方
妊娠もしくは授乳中の方、小児には使用できません。

 

腎機能障害や心疾患をお持ちの方や、けいれん性疾患の前歴のある方
高齢者の方は、使用に注意が必要とされます。

 

クラビットと併用してはいけないお薬や栄養剤もあります。

 

⇒下記のお薬は、クラビットと併用するとけいれんを起こすことがあります。

 

エノキサシン
(塩酸ロメフロキサシン)フルルビプロフェン
フルルビプロフェンアキセチル
(塩酸シプロフロキサシン)ケトプロフェン
フェニル酢酸系
アリール酢酸系
プロピオン酸系解熱鎮痛薬

 

○下記のお薬は、クラビットと併用すると薬剤の血中濃度が上昇します。

 

テオフィリン
アミノフィリン

 

○下記のお薬は、クラビットと併用すると副作用が強まります。

 

シクロスポリン

 

○下記のお薬は、クラビットと併用すると薬剤の作用が強まります。

 

ワルファリンカリウム
グリベンクラミド

 

○下記の成分を含むお薬や栄養剤と摂取した場合、クラビットの吸収が妨げられます。

 

アルミニウム
マグネシウム
カルシウム
鉄剤

このエントリーをはてなブックマークに追加