トップへ戻る

フラビタン ニキビ

MENU
ニキビケア商品

このエントリーをはてなブックマークに追加   

フラビタンのニキビ効果 副作用のないビタミンB2補給

 

フラビタンはビタミンB2の補給剤です。ビタミンB2が足りなかったり、
代謝障害によって生じるいろいろな病気(口内炎や湿疹など)の予防や治療に用いられます。
ニキビに対しては、比較的軽度の症状の方に対して処方されることが多くなりますね!

 

まずビタミンB2は、糖分や脂質、たん白質などの代謝に関わる大切な栄養素で、
皮膚や粘膜を正常に保つ働きをします。皮膚の回復は水素サプリも取り入れましょう!

 

ビタミンB2が不足してしまうと、口が荒れたり目が疲れたり、
ニキビができやすくなったりしてしまいます。

 

そんな中でフラビタンを服用する時は腸で溶ける腸溶錠です。
口の中で噛んだり砕いたりせずに、そのまま多めの水で飲んでください。

 

ビタミンB群は水溶性のビタミンなので尿から排泄されます。
フラビタンの影響で尿の色が黄色くなることがあります。

 

これはビタミンB2が体の中で利用されてから
尿の中に排泄されることによるものですので心配はいりません。

 

水溶性ビタミンなのですぐに排泄され、長期間摂っても体に溜まることはないとされているので、
大きな副作用はまずありません。次に食材の方にも目を向けてみましょう!

 

ビタミンB2を多く含む食材は牛乳、レバー、チーズ、卵、納豆、海苔、しいたけ、うなぎなどです。
ビタミンB2は皮脂の分泌を抑制する役割も持ちます。なので若干重複しますがビタミンB2の不足が、
皮脂過剰の原因のひとつになります。

 

ビタミンB2は食事から体の中に取り込んだ脂肪を効率的に燃やすのに欠かせません。
ビタミンB2が不足すると身体は脂肪を効率的に燃やせなくなり、燃やし損ねた脂肪を体内の
脂肪細胞に溜めこんだり、皮膚の毛穴から皮脂と混ぜて排出しようとします。

 

そんな中で、脂肪はニキビのもとになりますが、生きていくために必要な栄養素でもあります。
脂肪は、ホルモンを作る材料になったり、身体が活動するためのエネルギーになるからです。

 

脂肪が不足すると、脂用性のビタミン類も不足するので、それが皮膚炎の原因にもなることもあります。
脂肪を摂りすぎないことと、摂った脂肪をうまくコントロールすることがニキビの予防につながるのです。
また基本的な考えとしてビタミン類はマルチで摂取しないと本当の力を得る事がは出来ません。

 

私は薬でだいぶん胃腸を弱めてしまったので、どんな道をたどったのかは
トップページに詳しい経緯を書かせてもらっています。

 

この辺りは体質改善を行う上でのニキビケアにも繋がるので知っておいて欲しいのですが
脂肪がそれなりに必要だからといって摂取をし過ぎると中性脂肪を増やしコレステロールの
増加に繋がります。このあたりはよく御存じだと思います。

 

つまり、現代人の食生活は気を付けていてもオメガ6やトランス脂肪酸を取り過ぎなのです
これを緩和する為に必要なのがオメガ3です。オメガ3はスーパーなどに売られてある
亜麻仁油を野菜ジュースやをはじめ、野菜の盛り付け、納豆に大さじ一杯を摂取するだけでOKです。

 

薬だけに頼らずこのような私生活にも目を向けてくださいね!私が15年間悩みながら
自分なりに導きだしたニキビケアはこちらの記事になるのでご参考にしてみてください

このエントリーをはてなブックマークに追加