トップへ戻る

フロモックス ニキビ

MENU
ニキビケア商品

このエントリーをはてなブックマークに追加   

フロモックスはニキビにどのような効果や副作用があるのか?

フロモックスは、セフェム系の抗生物質のひとつです。
セフェム系の抗生物質は、細菌の細胞壁の合成を阻害する事により、
細菌が繁殖するのを防ぐ働きを持ちます。

 

ニキビに対しては、アクネ菌の好物である皮脂がたくさん出る
オイリータイプの肌の方や、炎症が強くなっている症状に炎症や
化膿をおさえる目的で処方されることが多くなります。

 

フロモックスはニキビのアクネ菌以外にも、ブドウ球菌、レンサ球菌
大腸菌や耐性肺炎球菌などの広い範囲に効力を発揮します。

 

皮膚科や呼吸器、外科、泌尿生殖器、目、耳、鼻などの
感染症に広く使用されています。

 

セフェム系の抗生物質は比較的安全性が高く、抗菌力が強いのが
特徴となっていて、お薬の値段も手ごろになっています。

 

フロモックスの副作用として、下痢や軟便、腹痛や吐き気、発疹や発熱が挙げられます。
その症状の中でも、特に多くみられるのが下痢です。

 

副作用の下痢を予防するために、乳酸菌などの整腸薬も
フロモックスと一緒に処方されることがあります。

 

まれに起こる重い副作用として、アナフィラキシー・ショックや、肝機能障害
腎不全、大腸炎、低カルニチン血症による低血糖が報告されています。

 

フロモックスや、セフェム系の抗生物質で過去にアレルギー症状を起こしたことのある方や
妊娠中・授乳中の方には使用できません。

 

子供の場合、低カルニチン血症による低血糖になってしまうことがあるので
錠剤ではなく小児用の細粒タイプを使用します。

 

腎機能障害をお持ちの方や高齢者の方、ぜん息やじんましんなど
アレルギー性の病気がある方はフロモックスの使用に注意が必要とされます。

 

私はニキビ跡をなんとかしたくて、皮膚科に依存してしまった経緯があります。
根本的な生活習慣の見直しなどを行わない限り、内服薬だけでは完治は無理です。
薬は一時的に抑えてくれますが、ニキビの場合はリバウンドする可能性が高いです。

 

私の様に、ニキビ跡で悩んでいる中で薬の検索をされていらっしゃるのなら
あまり薬に頼り過ぎず、私生活から見直してみましょう!詳しくはコチラの記事

 

フロモックスと併用してはいけないお薬や栄養剤もあります。

 

○下記のお薬をフロモックスと併用すると、作用が強まることがあります。

 

ワルファリン

 

○下記のお薬や成分が含まれる栄養剤をフロモックスと併用すると
  フロモックスの吸収が低下します。

 

鉄剤
アルミニウム
マグネシウム

このエントリーをはてなブックマークに追加