トップへ戻る

ミノスタシン ニキビ

ニキビケア商品

このエントリーをはてなブックマークに追加   

ミノスタシンのニキビ内服薬 効能はミノマイシンとほぼ同じ

ミノスタシンは、テトラサイクリン系の抗生物質のひとつです
基本的な効能としてはミノマイシンと同じ働きをします。
一日の服用回数なども同じとなります。

 

ニキビのアクネ菌は、増えていくときに酸素を必要としない細菌です。
そのため、酸素の届かない皮脂腺の奥に生息し、皮脂をえさとして増えていきます。

 

アクネ菌は本来、人間の肌には必ずいる菌です。
適度に存在している分には、肌を弱酸性に保ってくれる性質があり
必要不可欠な菌とされています。

 

しかし、ニキビが悪化してくると、毛穴がふさがれて出られなくなった
脂肪がアクネ菌によって分解されて、遊離脂肪酸によるコメドが作られます。
その遊離脂肪酸がニキビの患部を刺激し、炎症を起こさせることになります。

 

炎症がさらに進行すると、毛穴が破れて中身が流れ出し
炎症が広がることもあります。

 

そうなると、皮膚の深い部分までを傷つけてしまうので
炎症が治っても跡が残ることが多くなってしまいます。

 

テトラサイクリン系の抗生物質は、ニキビの患部で脂肪が分解されるのを
防ぐことにより炎症が起こるのを未然に防ぐ働きがあります。

 

 

ミノスタシンの副作用や、まれに起こる重い副作用も、ミノマイシンと同じです。
ミノスタシンを使用できない方、使用に注意が必要な方もミ上記と同じになります。

 

ミノスタシンと併用してはいけない薬剤や栄養剤、食品もあります。

 

○ミノスタシンと併用すると薬剤の作用が増強することがあるお薬は
ミノマイシンと同じになります。

 

○ミノスタシンと併用すると光線過敏症を起こすおそれがあるお薬も同じになります。

 

○ミノスタシンと併用すると出血しやすくなるお薬も同じとなります

 

○ミノスタシンと併用すると効果が激減したり不正出血することがあるお薬も同上

 

○ミノスタシンと併用するとミノスタシンの吸収が悪くなるお薬も同じです

このエントリーをはてなブックマークに追加   

ツタちゃんからあなたへ

自分の肌質に合わせてね

おすすめはビーグレン

どんな状態ですか?

ニキビが出来る場所

年齢でニキビ対策も変わる

自分の肌質を知ろうね

処方される薬

日頃からニキビと格闘中