トップへ戻る

スタデルム 二キビ

MENU

このエントリーをはてなブックマークに追加   

スタデルムは二キビに対してどういう効能があるのか?

二キビにも使われるスタデルムは、非ステロイド系の抗炎症剤
「イブプロフェンピコノール」を含んだ外用薬となります!

 

皮膚の炎症の原因となるプロスタグランジンの合成を
阻害することで、炎症や痛みを和らげる働きを持ちます。

 

ニキビに対しては、炎症や赤みを抑える目的で処方されることが多くなります
二キビ跡にはあまり効果はないような気がしますね・・

 

ニキビの他にも、外傷後の腫れや痛みなどの治療に用いられます。
スタデルムは、皮膚から吸収されて、筋肉や関節などにも作用するので
変形性関節症や腱鞘炎、筋肉痛などにも処方されます。

 

容量は1日1〜数回、患部に適量を塗布します。
回数や塗布する量は、症状によって適宜増減することとなります。

 

スタデルムは、目やまぶたには使用できません。顔に使う場合には、
目に入らないように注意し、万が一入ったときには水で洗い流してください。
(それでも違和感などを感じる場合には、医師の診察を受けてください)

 

以前に、スタデルムを使用してかゆみや発疹などのアレルギー症状が出たことのある方や
妊娠もしくは授乳中の方、アスピリンぜん息の経歴がある方や気管支ぜん息の方や、
高齢の方の使用には注意が必要とされます。

 

主な副作用として、発疹や腫脹、刺激感、かゆみなどの
接触皮膚炎が挙げられます。

 

そのような症状が強く現れた場合、スタデルムに対する
アレルギーの可能性もありますので、医師の診察を受けてください。

 

まれに起こる重い副作用としては、光線過敏症や胃の不快感、
アナフィラキシー症状、水ぶくれ、色素沈着などがあります。

 

またスタデルムには、軟膏タイプとクリームタイプがあります。
どちらのタイプも、有効成分のイブプロフェンピコノールの濃度は5%になります。

 

軟膏タイプのスタデルムは、添加物として硬化油やノモステアリン酸グリセリン、
白色ワセリンが加えられています。

 

クリームタイプのスタデルムは、パラオキシ安息香酸メチルや感光素201号、
白色ワセリン、セタノール、ステアリルアルコールなどが加えられています。

このエントリーをはてなブックマークに追加