トップへ戻る

ペングット ニキビ

ニキビケア商品

このエントリーをはてなブックマークに追加   

ペングットの抗生物質 ニキビにどんな効果があるのか?

ペングットは、ペニシリン系の抗生物質のひとつです。
私が知っているニキビ対しての効果をお伝えしておきます。

 

ペングットは細菌の細胞壁の合成を阻害して
細菌を死滅させる働きを持ちます。

 

ニキビは、炎症が進んでくるとアクネ菌だけではなく、
ブドウ球菌など他の種類の細菌が増えることで、
患部を刺激します。

 

一定期間、抗生物質を服用することで、
菌が増えすぎるのを防いで

 

ニキビの炎症が進行するのを
抑える効果が期待できます。

 

ペングットは、ニキビのアクネ菌以外にも、
黄色ブドウ球菌、表皮ブドウ球菌、

 

化膿レンサ球菌や大腸菌など
広い範囲に効力を発揮します。

 

皮膚科をはじめ、呼吸器、泌尿生殖器、
歯科などの感染症に広く使用されています。

 

しかし、最近ではペニシリン系の
抗生物質に対して、

 

耐性の出てきた細菌も増えてしまっている為、
以前ほどは効果が実感できないケースも
増加しているのではと感じますね!

 

またペングットの副作用として、
下痢や軟便、腹痛や吐き気、
発疹や発熱などが挙げられます。

 

ニキビとは関係ありませんが、小さい子供は、
抗菌作用で腸内細菌のバランスが乱れるため、
便が軟らかくなりがちです。

 

軟便くらいなら心配はいりませんが、
ひどい下痢が続いたり、血便がみられた時があります。

 

また、発熱や発疹が見られた場合には、
いったんペングットの服用を中止して、
医師の診察を受けてください。

 

まれに重い副作用として、アナフィラキシー・ショックや、
肝機能障害、腎不全、大腸炎、皮膚障害が
報告されているみたいです。

 

ペングットや、ペニシリン系の抗生物質で
過去にアレルギー症状を起こしたことのある方
妊娠中・授乳中の方には使用できません。

 

伝染性単核症というウイルス性の病気に
ペングットを使用すると、発疹が出やすくなります。

 

腎機能障害、肝機能障害をお持ちの方、
高齢者の方は使用に注意が必要とされます。

 

ペングットと併用してはいけない薬剤や栄養剤もあります。
以下のお薬をペングットと併用すると、発疹が出やすくなります。
アンピシリン・アロプリノール

 

私も抗生物質を使ってきましたが、副作用が強かったので
食生活を変えたり、今まで使ってきた塗り薬をやめて
自分の力で改善をする事に力を入れてきました。

 

ニキビがずっと治らない方は、こちらの記事を参考にしてみてください
外と中の事を詳しく明記しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加   

ツタちゃんからあなたへ

自分の肌質に合わせてね

おすすめはビーグレン

どんな状態ですか?

ニキビが出来る場所

年齢でニキビ対策も変わる

自分の肌質を知ろうね

処方される薬

日頃からニキビと格闘中