トップへ戻る

化膿ニキビ

MENU

このエントリーをはてなブックマークに追加   

化膿ニキビの放置は跡(痕)を作らない為にも絶対にダメ!

 

スキンケア

 

⇒化膿ニキビにオススメのスキンケア

 

化膿ニキビは外傷のひとつともいえる肌トラブルの一つですが、どこかにぶつけたなどの外傷と
決定的に違う所は、基本的に放置を続けては絶対にダメだということです

 

例えば、擦り傷などの切り傷は放っておいたら、いつのまにか治ってますよね?
擦り傷なども含め、軽症のニキビは肌の表面(表皮)に出来るので
肌の修復機能により自然に回復することができます

 

化膿ニキビになると放置すればするほど悪化するので
素人でも、肌の基礎知識は自分の為にも知っておいて損はしないと思います

 

最初は目を凝らしたり触ってみないとよくわからないものですが、
紫外線の影響も含めて日に日に赤みを帯びて、腫れもひどくなってきます。

 

さらに症状が悪化すると突起のテッペンが黄色い色を帯びるようになってきます。
黄色に見えるものの正体は膿(うみ)になります。

 

そこまでいくと、かなり炎症が悪化してますので、肌を傷つける
最も大きな原因の1つになってしまいます。

 

この状態の深さと免疫力の差で、自分の肌に跡が出来るか、凸凹肌になるか決まります

 

そもそもなぜ、ニキビが化膿したり、炎症が治まらないのかと言いますと
私達の肌の奥で、アクネ菌が皮脂を食べて繁殖し過ぎているからです

 

ただ、勘違いしている方が多いのですが、アクネ菌は誰の肌にも存在する常在菌の一種で
普段は肌の健康を守る存在になります。しかし、洗顔のやり過ぎや、保湿不足が続くと
毛穴が皮脂詰まり、角質が厚くなっていくのでアクネ菌が増殖する環境を作ることになります

 

菌は増えすぎても良くないので、体は白血球を、その場所に派遣して危険を回避しようとします。
その際に生まれる副産物が膿となります。膿が出るってことは体の免疫機能が
正常だという表れでもあるのですが、

 

ニキビの場合だと、汚れが出る毛穴の入口が塞がる現象なので
必然的に皮膚内にたまってしまうのですね・・・

 

あまりにも溜まりすぎると、皮脂腺を突き破って角質層の奥
真皮層にまで膿が及んで再び炎症が起きるという連鎖反応がどんどん起きてしまいます

 

膿には白血球の死骸から死んだ菌や生きてる菌、周辺組織の崩壊物質など実にさまざまな
不要物が濃縮している物体、もしくは液体なんです、アルカリ性なので肌に良くありません
あまりにひどくなると大きく腫れて痛みが続きます

 

この最悪な状態は黄ニキビとよく呼ばれますが、化膿(かのう)ニキビと変わりません
黄ニキビはただ見た目を表す言葉なのに対し、化膿ニキビはより状況を的確に表現した言葉です

 

化膿とは文字通り膿が発生するってことですが、傷口などから細菌が侵入し
それに伴う炎症により起こる現象のことを指します。

 

素人の方で、安易に間違えてしまうのが、赤ニキビの先端が黄色くなっているからといって
なんか見た目からして、膿がすぐ出てきそうだから、指でつまんでギューッと搾り出したくなりますよね
膿出しキットなども売られていますが、自分でやるのはオススメしません

 

手についた雑菌が毛穴から入り込んで悪化する原因を作ることになりかねないからです
自分で潰す方法などをありますし、それを当たり前に推奨している所もありますが
一生残るニキビ跡になってしまったらどうしますか?経験上オススメできません

 

間違えると、皮膚が裂けてしまうので周辺の皮膚が、赤くなってしまう恐れが高く、
無用な刺激により、メラノサイトを反応させ跡を発生させるだけではなく
炎症性色素沈着を引き起こすことにも繋がります。

 

基本のセオリーとしては、適切なスキンケアケアを継続的に施して
膿が自然に消滅するような肌状態を作り出す必要があります
その為に肌に必要なのが、ビタミンCの力が絶対的に必要です

 

継続して自宅ケアを施していく事で、化膿・炎症ニキビもおさまり
少しずつニキビも出来にくくなるので根本解決にも繋がっていきます。

 

化膿ニキビは怖いですよ・・ニキビ跡の深さや赤みが残る強さは、
化膿ニキビの状態で決まる様なものですから・・気を付けましょうね!

このエントリーをはてなブックマークに追加