トップへ戻る

大人二キビ 治し方

MENU
ニキビケア商品

このエントリーをはてなブックマークに追加   

大人二キビの治し方 20歳を過ぎた女性は気を付けて!

思春期ニキビの話とよくセットで用いられるものに大人ニキビがありますね。
たまにアダルトニキビなんていわれることもあります。

 

これも白ニキビとか、赤ニキビなど種類を表すものではなく時期を表す単語になります。
年齢で言うと20歳以降にできるニキビを指します。割合的に見ても20代〜30代が
約6割をしめます

 

大人ニキビの大きな特徴は「原因」が特定しにくいってことです。ストレスをはじめ
睡眠不足、食事の偏り、肌の乾燥、ホルモンバランスの乱れなどが挙げられますね

 

思春期ニキビは成長ホルモンが多く分泌されることで、皮脂腺への刺激が増大し
皮脂分泌が過剰になる角質が厚くなって毛穴を塞ぎ、アクネ菌などが増えて
炎症を起こしやすくなるというある程度決まった原因があります。

 

他にも生活習慣の悪さとかも関係してきますが、主原因は成長ホルモンによる影響ですので、
実は、とてもわかりやすいニキビともいえます。ところが大人になると成長ホルモンの分泌は、
徐々に衰えていくためニキビの原因がわかりにくいんです。

 

そのため根本原因がよくわからないまま、日々過ごす事になりがちになるので治りにくかったり
繰り返しできやすくもなります。あと思春期ニキビはおでこと鼻をあわせたTゾーン、

 

そして頬に出来ることが多いですが、大人ニキビは顎(あご)とかフェイスラインとか、
口の周りにできることが多い特徴もあります。

 

あと、女性の場合は生理がひどかったりしてホルモンバランスがかなり乱れることなどの
遺伝的な要因も当然あるのですが、ほとんどは私生活のあり方に問題があると思います。
大人ニキビは、特に女性の方が多いかもしれません。

 

女性は男性より繊細と言われることがありますが、それはあながち間違ってないと思います。
男女では少しだけ脳の神経の繋がり方にも違いがあるそうですし、わずかな差であっても
ストレスに弱いという特性があるのかもしれません。※ストレスも皮脂を増やす原因になります。

 

あと、女性はお化粧を毎日しますよね。ほとんど例外なく。化粧品も安全性が高くなってはきてますが、
下手すると毛穴汚れの仲間入りをしてしまうので、帰宅後はすぐ洗い流さないとダメです。

 

でも面倒だからって理由で次の日まで放置するも、ニキビで悩んでいる割には結構いらっしゃいます
美容に敏感なことからお肌をよくいじると思うので、その分、男性よりもニキビリスクも高くなりますよ?

 

それでは、女性の大人ニキビケアのポイントとして重視しなければいけないことは
一体なんだと思いますか?私も女性なので色んな商品を使ってきましたので
その中でお薦めの手順といいますか、ポイントをまとめたいと思います。

 

ポイント1 毛穴対策をしっかりと行うことです!肌に負担のないマイルドピーリング効果のある
ニキビスキンケアで毛穴だけではなく、角質対策を行うことが大切です!毛穴をつまらせにくい処方として
ノンコメドジェニックテスト済みと表示されている商品を使うことが大事です!

 

ポイント2 次にニキビケアでは当たり前になりますが、皮脂対策です!余分な皮脂を洗い流し
お肌を清潔に保ちながら保湿を安定させることが大切です。

 

ポイント3 次はアクネ菌対策です!大人ニキビが繰り返し発生する時は抗菌剤をはじめ
アクネ菌の栄養源になりにくい成分を使用したニキビスキンケアがオススメです!
ノブのACアクティブなどがいいですね。こちらのページでご紹介をしています!

 

 

このあたりが大人ニキビで悩む方へのニキビケアになるのですが、実は大人ニキビケアで最も大切なのは
美肌ケア対策なんです!肌の乾燥はニキビの原因の引き金になります。保湿成分をはじめ、美肌成分を
配合した付加価値商品でニキビを予防していくことも大切です!(化粧下地なども含む)

 

・大人ニキビと密接な関係がある敏感肌

 

 

本来大人になるとニキビは出来ないものですが、
なんらかの理由で肌が不健康な状態に陥ると
すぐに出来てしまうものでもあります。

 

大人ニキビに悩む人は敏感肌に悩んでいる人が多いといいます。

 

少し何かが触れただけでも刺激が強く感じられることから
そう呼ばれてますがその背後には乾燥肌が潜んでいます。

 

さらにその前にはスキンケアや生活習慣の問題があり、
現代人にとって定番の問題であるといえます。

 

どの時期で出来たニキビであろうと
スキンケアが重要視される傾向にありますが、
健康問題全般に関心を向けないと解決しません。

 

もちろん正しいスキンケアを実践するのも大事ですが
それよりもっと大事なことがあることに気づけるかが
最大のポイントになるでしょう。

 

特に女性はホルモンバランスが乱れやすく
化粧による化学物質漬けも問題になるので
男性よりも気をつける必要があります。

 

 

・大人ニキビが出来るのは異常な肌

 

 

大人ニキビは文字通り思春期以降にできるニキビで、
本来は吹き出物と言われるものですが、
聞こえが悪いからそういう造語が出来たと言われています。

 

そしてニキビは本来、思春期に発生する皮膚疾患であり、
大人になってもそれができるということはおかしかなことです。

 

体が成熟すると思春期ほど劇的な変化は起こらない、
つまり成長ホルモンなどによる急激な毛穴づまりは起きないので
アクネ菌が繁殖することはまずないのです。

 

にも関わらず大人ニキビが市民権を得たような状態になるくらい
悩んでいる人が多いのはなぜだと思いますか?

 

簡単にいうと肌がボロボロになるような行為を
毎日のように繰り返しているからです。

 

その筆頭が間違ったスキンケアですね。

 

今では常識となりましたがタオルでゴシゴシ洗うとか
洗浄力が強すぎるもので洗うと肌表面が傷つき、
バリア機能が物理的に破壊されてしまいます。

 

すると肌が乾燥するのでそれを補うために
皮脂がたくさん出て毛穴が詰まりやすくなります。

 

あと化粧でも毛穴を塞ぐことになるので
大人ニキビは女性に多い傾向があるのだと思われます。

 

しかも添加物やら界面活性剤やらいろいろはいってるので
逆に醜くなることにもなってしまいます。

 

乾燥肌になるようなことを繰り返すと
バリア機能(細胞間脂質)がほとんどなくなり、
ちょっとした刺激でも気になる敏感肌になります。

 

ニキビ肌の成れの果てともいえる状態です。

 

そうなるとターンオーバーも正常ではなくなってるので
角質も毛穴に溜まりやすくなります。

 

ということで化粧もニキビケア用品も
肌に優しいのは当然として水分保持が主流のものを使い、
これ以上悪化させないことが基本になります。

 

油分が多いものはそれがニキビの原因となることがあるので
要はバランスが重要になります。

 

敏感肌とは乾燥肌でもあるので
水分を保持することも大事になるからです。

 

そして一番重要なのは生活習慣、
特に食生活をいかに改善できるかが重要です。

 

甘いモノを控えるのはもちろんのこと、
牛乳が健康という嘘や化学物質まみれのサプリや
ビタミン剤ではなく自然に近いものを選択できるかが肝です。

 

ちなみに肌が敏感になるのは
神経細胞が肌の表面まで伸びているからだとされます。

 

伸びるのは表皮にあるケラチノサイトという細胞が
成長因子を出すからだと言われていますが、
その原因は身体的・心理的ストレス、
体調不良、乾燥などがあるとされます。

 

要は私生活の乱れということになります。

 

 

・自分の間違いを自覚できるか

 

 

スキンケアと生活習慣の改善こそが
大人ニキビの根治に導く方法になるので
妙な近道ばかり追求しないようにしましょう。

 

健康状態が悪くなると皮脂や角質以外でも
ニキビの原因を作ることにもなります。

 

皮脂が酸化すると過酸化脂質になりますが
それがアレルギーの原因となって
炎症を起こすこともあるそうです。

 

敏感肌や乾燥肌になるのは自分自身の責任であり、
自分自身を正す以外に解決法はありません。

 

ニキビ用化粧水やら美容液やら薬やら治療やらが悪い
などという人もいますがそれらを選択したのもあなた自身です。

このエントリーをはてなブックマークに追加