トップへ戻る

思春期 二キビケア

MENU
ニキビケア商品

このエントリーをはてなブックマークに追加   

思春期の二キビケア|原因を知り私生活から改善する

ニキビが出来るのは人にもよりますが大体時期が決まっています。
それは10代〜20代くらいですね。

 

10代のころに出来る白ニキビを中心に
一般的に思春期ニキビといわれています。

 

またニキビには、白黒赤黄などと色々と種類がありますが
思春期にできるのもそれらとおんなじものなので
特別な何かができるってわけではありません。

 

要は、時期を基準にした言い方ってことになります。

 

思春期ってのは生殖器をはじめ
体も心も少しずつ大人に変化していく時期のことをいい、
一般的には小学生の後半から高校生あたりまでが
最も成長が著しい感じになりますね。

 

クラスメイトにもニキビが多くて悩んでいる方がいたと思います。

 

なんで思春期ニキビっていわれるほど
その時期に発生率が多いんでしょうか。

 

それは体の仕組みが関係しています。

 

思春期には成長ホルモンという物質が活発に分泌されます。

 

成長ホルモンは身長を伸ばしたり
筋肉を強化したりバスとを大きくしたりといった
身体的な成長に大きく貢献するもので、
ひじょ〜に重要な物質のひとつです。

 

でも残念なことに…成長ホルモンは
皮脂の分泌も促してしまう性質があります。

 

皮脂はご存知のとおり、毛穴につながっている
皮脂腺という組織から分泌される透明な液体で
皮膚を守るために存在しています。

 

ところがそれが増えすぎるとアクネ菌などの
常在菌を増やすきっかけにもなってしまいます。

 

ニキビってのは要は炎症のことであり、
皮膚においては主に菌が増えることで起こります。

 

なんでこんな不都合な仕組みになってるかまでは
ちょっとわかりませんがこれも成長過程における
一種の副作用、仕方ない部分なのかもしれませんね。

 

全ての事には表と裏があるものですけど、
それと似たようなことなのかもですね。

 

ちなみに女性の場合生理も始まりますから
ホルモンバランスが崩れやすくもなります。

 

それはつまり男性ホルモンが増えることになるので
皮脂腺をさらに刺激することに繋がります。

 

あとそうそう、若いうちって体に悪いことをしても
特に問題が起こらない場合が多いので羽目をはずしがちですよね。

 

夜更かししたりファーストフードを食べまくったり…
そういう生活背景もニキビを増やす原因になりますよ〜。

 

このあたりの記事も良く見ておいてください

 

遺伝も関係してるので不規則な生活をしても
全くにきびができないうらやましい人も確かにいます。

 

しかし、不規則な生活は体にいいわけがありませんので
思春期にはできなくても、大人になってから
ずっとニキビに悩むことになるかもしれませんよ…

 

〜思春期ニキビのまとめ〜

 

思春期ニキビは新陳代謝が活発な為、皮脂や汗が毛穴に詰まると
ニキビがドンドン出来やすくなります。女性の場合はホルモンのエストロゲンが
不安定になるので皮脂の分泌が過剰になります(男性ホルモンの方が多い感じ)

 

〜洗顔〜

 

汗をかきやすい年代でもあるので肌を清潔にすることはとても大切です
ただ、洗顔のやり過ぎはNGです。洗顔後のすすぎをしっかり行いましょう!

 

〜食生活〜

 

思春期はどうしても揚げ物や防腐剤が入った味の濃い食事
またお菓子などを食べる量が圧倒的に多い時期です

 

ニキビで悩んでいる時は悪化の進行を早めてしまうので
ストレスになるかもしれませんが控えた方がいいと思います。

 

その代わり野菜やフルーツなどをうまく摂取しながら
食事も不定期にならない様に3食バランス良く取りましょう!
偏り過ぎる食生活が1番よくありません

 

今は響かなくても、あとから何倍にもなって肌に影響していきます・・・

 

〜睡眠〜

 

若い頃は睡眠不足でも肌もセラミドやコラーゲンも豊富元気なので、
20代・30代に比べるとめちゃくちゃ悪化していく訳ではありませんが
20歳からお肌の曲がり角になります

 

若くても睡眠不足は肌の免疫やホルモンバランスの乱れは
確実に起こっているので皮脂の分泌も増加しやすく
これがニキビを更に悪化させてしまいます。

 

夜更かしはほどほどにして22時〜深夜2時までには
しっかりと就寝が出来ている状態を作り上げましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加